親しみのある指導でスキルを伸ばす自動車学校

かつての自動車学校といえば、卒業すれば自分で運転することになるのでとても厳しい指導がつきものでした。
しかし今では少子化とさらに加えての自動車離れを少しでも食い止めるべく方針転換が図られるようになっています。
かつてのような厳格さも交通ルールを叩き込むという意味では一定の効果があったのでしょう。
しかしいわゆるゆとり教育を受けてきたような世代には厳格な指導はあまりにもギャップがありすぎます。
むしろ指導者との距離を近く感じることで、その親近感から安心して指導を受けやすくなるという効果が出ています。
もはや自動車学校で厳格な指導は好まれず、ほめて潜在的な能力を引き出すような指導方針に切り替わってきています。
また新規に運転免許の取得を目指すだけでなく、すでに免許取得後ずっと自動車に乗っていないペーパードライバーに対する講習にも力点を入れるようになっています。
免許取得が最終目的でなく、実際に安全に自動車が運転できるようになるための技術の確認のできる場所として役立っています。